<< A Happy New Year 2016 k | main | Green Rose >>
マウナケアとパリラバード
ALOHA

今日はマウナケアだけに住むパリラバードのお話をします。
パリラは6−7インチ(1インチは2,54cm)、標高6000−9000フィート(1フィートは0,3048メートル)の森に住む小さなレアな森の鳥です。
そしてマウナケアにだけ生息しています。

パリラはManene(マネネ)の木の新芽を食べて生息しています。
マネネの木はノースサウスコナ地区のマウナケアにしかなく、Kipuka(キプカ)という自然の自然体系の中で、パリラとマネネの木は一心同体の関係で生存しています。
キプカとは溶岩が避けて通った場所でそこには数百年も前からのネイティヴプラントや木や花が残っている神聖な場所です。
昔の古代のハワイアンが暮らしていた自然体系がそのまま残っている場所です。古代からのスピリットが今も生きている場所としてハワイアンの人たちは大切にしている場所です。
ハワイ島にはそのような場所がいくつか残っています。


Palila bird
パリラバード
ホイケでともこ先生と私が踊った「Ka ike i ka Nani A oPoliahu」の歌詞の中にも出てきます。
ワイプナさんのCD聞いてみてくださいね。
そう思うと、、、フラは踊りを単に踊ることだけではなく、その場所に本当にある自然や、そこに生きる様々なものや、スピリットを伝えることが本髄であることが改めてわかりますね。

Manene
マネネの花と葉
マウナケアのキプカの森から少しだけ頂いてきました。
ありがとう。

Manene coco
マネネのココ

神聖なマウナケアのキプカの森に生きるマネネとその木と命をつないで生きるパリラ。
マウナケアは生きてる生命の神秘を感じる場所。
ALOHA AINA

(パソコンの性質上ハワイ語のオキナ、カハコがないです、ごめんなさーい。)

 
| - | 16:03 | - | - | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE